ゲストハウスへの想い(中編)

やはり、想いを語る時は、長くなってしまいますね〜笑

完全に旅日記ですが、あしからず笑

ゲストハウスへの想いと韓国への想いというタイトルに変えた方が良いかもですね笑笑

前回は板門店ツアーへ行ったところまでの話をしました。

そしてツアーから戻ってきて、すぐに龍仁市へ向かいました。

ここもロケ地の一つで、豪邸訪問です🏠

夕方にこの近くに着いてはいたんですが、道に迷って、道端で掃除してたおじさんに声をかけ、そのおじさんが、道を散歩してた夫婦に助けを求めてくれ、そのご夫婦が近くのアパートの管理人に話をしてくれたところ、アパートに日本語が話せる住人がいるとのことで、掛け合ってくれました。

日本語を話せるおじさんがわざわざ下りてきてくれて、アパートの館長ならここの豪邸の場所を知ってるとのことで退勤した館長をわざわざ呼び戻してくれました。

待っている間、正月シーズンということもあり家族で団らんしているところにお邪魔しました。

10人くらいに囲まれながら、フルーツをいただき、みんなが質問してくるのをおじさんが全て通訳をしてくれたので、本当に助かりました。

そして、館長が戻ってきて、案内してもらったのが、写真の豪邸です🏠

昼間だったら、ここの住人と知り合いだから、中まで案内してあげられたのに〜惜しかったなぁーと言われましたが、道に迷ったのにここまでたどり着けただけで、幸せでした。

家に戻ったら、おじさんの奥さんが辛ラーメンを作ってくれました🍜

辛いのが苦手と言ったら、唐辛子粉を入れずに作ってくれ、自家製キムチと一緒に食べました。

食べ終わった頃に、ソウルへ帰るという家族がおり、おばあさんを送っていくというので、一緒に車に乗せてってもらうことになりました🚗

車中では、小学校低学年の男の子がクレヨンしんちゃんが大好きということで色々話してくれたり、おばあさんが日本の歌を知ってるとのことで「さくら」を歌ってくれたりと、あっという間の時間でした。

外は寒くて凍えるようでしたが、大家族の温かさが心にしみ、本当に泣きそうになりました😭

そして、2号線の駅である建大入口に着き、これに乗っていけば、忠正路まで乗り換えなしで行けるからとのことで降ろしてもらいました。

素敵な家族に会えて、本当に良かったです😃

ホッコリした気分になれたので、ゲストハウスへそのまま帰ろうかとも思ったんですが、ロケ地巡りを進めなければ、完遂できないとの思いで弘大入口まで行き、ロケ地のバーに向かいました。

ドラマの中とは雰囲気が全く違い、DJがずっと音楽を流していて、うるさい印象でした笑

一人だったのでカウンターに通され、青島ビール(韓国なのになんで!?っていうツッコミはなしです)を飲みながら、お通しの韓国のりをバクバクと食べ、無くなると自動で補充されることにビックリしました。

そして、お会計をしようと、指さし韓国語の本を開いたところ、隣の女性2人組から日本人ですか?という日本語のメモを渡されました。

そして、そこに、はい日本人ですと返事をし、何度かやり取りをして、うるさいので他のお店に行きませんか?という誘いをもらい、付いていくことにしました。

そして、美味しいチヂミのお店があるから〜ということで新村まで歩いて向かいました。

1人の子が日本語を勉強していて、もう1人の子は日本語がわからないので、通訳をしてもらいながら会話をしました。

韓国での初チヂミは美味しかったです!

そして、ボッタクられるからと聞いて避けていたタクシーにもおかげで乗車することができ、行き先も告げて送り出してくれました。

乗るやいなやタクシーは発進し、赤信号を無視しまくり速度は80〜100キロという猛スピードで突っ切り、たぶん通常の半分くらいの時間でゲストハウスに着きました笑

このエピソードは、帰国してから話したら、ボッタクられたり騙されなくて良かったねぇ〜と言われました。

微塵もそんなことが起こりうるって考えなかったのが、功を奏したのかな!?笑

ということで?中編はこの辺でお開きにしまして、後編にご期待ください笑