ゲストハウスへの想い(前編)

またまた一ヶ月半ぶりの更新となってしまいました。

皆様、いかがお過ごしでしょうか!?

桜(ソメイヨシノ)も散ってしまい、これからは八重桜のシーズンです!

さて、久しぶりの更新であり、いつも真面目ではありますが、たまにはさらに真剣な話をしようかと思います。

なぜゲストハウスを始めようと思ったのかをあらためてブログに綴りたいと思います。

あれは2011年の1月のことでした。

急に海外一人旅をしようと思い立ち、仕事に支障が出ない程度の期間で、韓国か台湾に行こうと思ったのです。

海外は4歳の時にハワイに行ったことがあっただけだったので、海外一人旅も初だったし、海外旅行自体が初に近かったです。

考えた末に、韓国に行こうと決め、どうせなら好きなドラマのロケ地巡りをしようと色々と調べて細かく日程を詰め、極寒の時期に3泊4日で行ってまいりました❄️

羽田空港を飛び立ち、まず見えてきたのは、初めて見る飛行機からの富士山でした🗻

晴れてたおかげで本当に綺麗に見えました😃

そして、空港周辺の上空を通過した時には、アパート群(日本のマンション群)が見えて、異世界に来たことを実感し、ワクワクしました。

無事着陸し、飛行機から降りて真っ先に感じたのは、噂には聞いていたけれどもキムチのにおいがするではないですか。

わぁーついに韓国に来たんだ〜という感慨深い思いが募ってきました。

何はともあれ今回の旅の目的はドラマのロケ地巡りです笑

最初に行ったのが、ソルロンタンのお店です。

シンソンソルロンタンで、空港からバスに乗るということだったんですが、韓国でバスに乗るということが初韓国の人にとってどれだけ至難の技か知らずに乗りました🚌

というか、迷ったり反対回りのバスだったりと乗るのに30分以上かかりました笑

そして、今ではアナウンスに英語がありますが、当時はなかったので、全くわからず運転手にここに行きたいと指差しで説明して、バス停に到着した時にジェスチャーで教えてくれました。

ソルロンタンのお店では、日本に留学していたという店員さんがおり、店内の見たい場所へ案内してくれ、最後には、次はどこへ行くんだ?と聞いてきたので、説明したところ、メモ用紙にハングルで書いてくれて、これをバスの運転手に見せれば教えてくれるということで、本当に親切にしてくれました。

バスに乗りメモを見せ、難なく降りたいバス停で降りて、地下鉄5号線に乗れました🚃

そして、忠正路にある宿泊先の放浪ホステル(방랑호스텔)に向かいました。

放浪ホステルでは、6人部屋のミックスドミトリーに泊まりました。

ここが人生で初めて泊まったゲストハウスです✨

夜はブラジル人夫妻とボディーランゲージ&大学時代の第二外国語であるスペイン語とつたない英語で会話して、とても楽しかったです😃

夜中に起きて、トイレに行ったのは良いけど、部屋がオートロックだと知らずに入れず、2時間くらい廊下で過ごしたことは内緒です笑

翌日は、北朝鮮との国境である板門店のツアーに参加しました。

2010年の11月に北朝鮮による韓国の江華島への砲撃があり、ツアーのお客さんが激減したとのことで、10人くらいしかいませんでした。

韓国側から見た北朝鮮です🇰🇵

表情等を悟られぬよう、皆サングラスをしてました🕶

北朝鮮側から撮影した国境です🇰🇷🇰🇵

(建物内のみ国境を越えて往き来ができます)

板門店は本当に極寒地帯でマイナス20℃くらいで、耳がちぎれるような寒さでした😰

(その時ソウルはマイナス15℃くらい)

ガイドの方よりバス車内で

・指を指してはいけない(写真を撮る時にピースもダメ)

・大きなジェスチャー等もしてはいけない

・石段より出てはいけない

・走ってはいけない

・万が一北朝鮮側に走ったら、韓国側は射殺するし、北朝鮮側は援護射撃をする

等々、様々な注意事項を言われたのと、ここで何が起ころうとも個人の責任に寄与するというサインをさせられたのが本当に怖かったです。

また、北朝鮮側が射撃練習をする音が聞こえたりと、今現在も休戦中なだけというのが良くわかる緊張感を味わうことができました😭

ただ最後に、バスが写真の還らざる橋付近を通過した時に、そこにいた兵士が、今まで全員が無表情だったのに、去っていくバスに向かって満面の笑みで手を振ってくれたのが印象的でした😃

とまあ…随分と長くなってしまったので、続きは明日にでも書こうと思います。また明日も読んでくださいね〜👍

平昌五輪観戦の巻〜(フィギュアスケート)

またまた一ヶ月ぶりの更新となってしまいましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

平昌五輪(평창동계올림픽)真っ只中なので、テレビでスポーツ観戦されてますか?

思い立ったが吉日ということで、飛行機のチケットとフィギュアスケートのチケットを急きょゲットし、先週、ゲストハウスのお客さんの合間を縫って、開催国であるお隣の韓国へ観戦しに行ってきました!

初のオリンピック観戦ということで、気合いを入れて、旗屋で日の丸を買っていきました〜🇯🇵

お店でも、オリンピック観戦に行かれるんですか?と聞かれたので、フィギュアスケートを観にいきます!と伝えました⛸

観戦予定のフィギュアSPの前日15日に、羽田発金浦着の最終便で韓国へ向かいました✈️

KTX(韓国の新幹線)も最終便を予約していたのですが、飛行機が遅れてしまったため乗れず、やむなくソウル泊になってしまいました。(ソウル駅で空港鉄道からKTXまで全力で走ったのですが、さすがに地下3〜4階から地上2階までの距離を2分で乗り換えるのは無理があり、1分半ほど間に合いませんでした涙)

そして翌朝7時のKTXの立席に乗り、アイスアリーナのある江陵へ向かいました。

この時期の韓国はまだまだ寒くて、ソウルは凍える寒さでしたが、会場のある江陵は海沿いということで雪もなく気温も暖かくて、過ごしやすかったです。

着いたら、まずは腹ごしらえということで有名な草堂豆腐村(초당두부마을)でスンドゥブ定食を食べました。

鍋はそれほど辛くもなくて、美味しかったです。

ただ一番美味しかったのは、辛いけど進んじゃうイカキムチでしたね〜笑

お腹も満たされたので、アイスアリーナに向かいました。

そして中へ〜。

写真を撮った後は、客席で観戦しました。

日本人のトップバッターは田中刑事。

団体の時の雪辱とはならず悔しそうでしたね。

そして最終組の6人が登場です。

羽生結弦づくしになってしまいました笑

次は宇野昌磨です。

最終組トップバッターは羽生結弦。

緊張感が会場中に伝わる感じでした。

この後の羽生結弦の圧巻の演技は、皆さんも知るところだと思います!!

会場中がスタンディングオベーションでした♪

そして、リンクに投げこまれるプーさんの数がハンパない笑

客席を埋め尽くした日本人のファンの数を見て、まるでホームだなと思いました。

とにかくすごかった!

初めての生観戦だったし、フィギュアに詳しい訳ではないけど、パーフェクトな演技で本当に感動した!!

そして日本のトリを飾ったのが宇野昌磨でした。

直前にドキュメンタリー番組で宇野昌磨を観ていたので、応援してました📣

生観戦は、SPだけでしたが、本当に感動しました!!

フリーの演技はテレビで観ましたが、羽生結弦が金メダル五輪連覇・宇野昌磨が銀メダル、このワンツーフィニッシュは歴史的な快挙なのではないかと思います。

初めてのオリンピック観戦、初めてのフィギュアスケート観戦でした。

本当に感動をありがとう〜!と言いたいです。

羽田空港で初日の出観賞&穴守稲荷神社へ初詣しに行ってきたの巻〜

遅ればせながら、明けましておめでとうございます!

旧年中は大変お世話になりました。

本年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

昨年の12月にここ永福町にゲストハウス「ぷれぜんと」をオープンさせ、今年が正念場であり、飛躍の年だと思っています!

そんな気合の入った2018年の初日の出は、羽田空港へ観に行ってまいりました🌅☀️

早朝からたくさんの人で賑わっていて、みんな寒い中、震えながら日の出を待っていました。

少し雲があったため、日の出時間の6時55分よりもちょっとだけ遅くに太陽が見えてきました!

みんな興奮状態でした!

そして、羽田空港の醍醐味と言えば、初日の出と飛び立った飛行機を同じフレーム内に収められることです!!

けっこう興奮しましたね〜!

やはり初日の出はありがたみがあるなぁ〜と思いつつ、太陽が出た後の日光の暖かさに感謝しながら、空港のデッキをあとにしました✈︎

そして、その後は初詣のために穴守稲荷神社へ⛩

こちらは、商売繁盛で有名のようです。

そのためゲストハウス「ぷれぜんと」の商売繁盛祈願をしに行ってまいりました。

並んでいるかと思いましたが、すんなりと参拝できました。

本殿へお参りをした後、奥之宮でいただくことができる御神砂をちょうだいしてきました。

家内安全・商売繁昌の招福には玄関入り口にまくとのことだったので、ゲストハウスへ戻ってきてから、早速まきました!

これで今年の商売繁盛は約束されたのではないかな〜と思います笑

当ゲストハウス「ぷれぜんと」は、ゲストが快適に過ごせるように、設計し自分たちでリノベーションしました。

これからも、どんどんブログをアップしていきますので、よろしくお願いします!

今後に乞うご期待ください!!

〜東京ゲストハウス-ぷれぜんと-渋谷9分、新宿12分のゲストハウス〜

ホームページ

Homepage

〜〜ご予約は以下のリンクからどうぞ〜〜

http://pre-sent4u.com/booking/

ついに、保健所より旅館業法上の営業許可を得られたの巻〜

皆様、ご無沙汰しております。

前回のブログ投稿から約3ヶ月半が経ちました。

いかがお過ごしでしょうか。

前回までは真夏の炎天下の中での作業をお伝えしておりましたが、今ではもう今年一番の冷え込み、東京でも真冬並みの寒さに直面しております。

そんな天気・季節の変わり目とは対照的に、本日ついに保健所より営業許可をいただくことが出来ました!!!

一度の検査でパスできず、指摘事項を改善し、再検査にて、許可を得られました。

ここまで本当に長かった。

この3ヶ月半色々とありました。

むしろ、この物件を契約してからの9ヶ月ここでは書ききれない程、様々な事がありました。

良い事悪い事、モヤモヤする事等々。

気になる方は、ぜひお泊まりいただき、話を聞いていただければと思います笑

明日より営業可能にはなりましたが、まだ細々とした準備に時間がかかっており、オープン日は未定です。

早急にオープン出来るよう鋭意努力してまいります。

それまでの間は、この3ヶ月半を振り返るという意味も込めて、時間を遡ってブログを書いていこうと思います。

皆様、お付き合いをお願いします。

当ゲストハウス「ぷれぜんと」は、ゲストが快適に過ごせるように、設計しリノベーションしています。

今後に乞うご期待ください!!

換気扇用の穴を開けダクトを通すの巻〜

セルフリノベーションも板についてきて、段々と楽しくなってきています。

唯一の大敵は暑さですね〜笑

毎日汗だくで作業をしています。

そして今回は、外壁に換気扇用の穴を開けて、ダクトをつなげる作業です。

まずは、電動ドリルを使って、外壁に穴を開けます。


これが本当に大変です。

基本的に外壁から内壁まで、また部屋側の最内壁まで二重三重の層になっているので、そう簡単には穴が開きません。

振動もすごいですし、音もすごいです。

長時間やっていると、手の握力がなくなり、耳もおかしくなります。

5分程度奮闘して、この程度です笑

さらに奮闘すること5分といったところで、やっとのこと開きました!

そして内側からダクトを通します。

その後、外壁側から換気扇フードを取り付けます。

最後にシリコンコーキングを打って完了です。

これを新設トイレ二ヶ所、シャワーブース用、キッチンの計四ヶ所設置しました!

写真は、トイレ用で直径10cmですが、キッチンのみ直径16cmと大きく難敵で、二人で交代しながら開けました笑

他にも二階のトイレ用は、屋根裏に上り忍者のごとく梁を伝って、暑い中埃まみれになりながら取り付けしました。

少しずつではありますが、着実に進んでいるのを実感しつつ作業をしています。

当ゲストハウス「ぷれぜんと」は、ゲストが快適に過ごせるように、設計しリノベーションしています。

これからも、どんどんブログをアップし、進捗をお伝えしていきますので、よろしくお願いします!

今後に乞うご期待ください!!

キッチンパネルを貼り付けるの巻〜

キッチンパネルを自分達で貼り付けました!

キッチンパネルは、熱に強く耐火に優れ、燃えにくい材質で作られています。

まずはキッチンになる部分の壁の写真です。

before

完全に黄ばんでいます笑

昔からの汚れ等が染みついているのでしょう。

そして横の壁面は、以前に漆喰を塗った部分で真っ白です。

対比すると色の差は歴然としています。

作業としては、キッチンパネルに一次接着材として両面テープを貼り、そこに二次接着材としてコーキングガンで接着剤を塗っていきます。

まずはサイズを測り、電動丸鋸でカットしていきます。

この粉塵が、有害そうな臭いがして大変でした笑

写真では余ったものを別の場所に貼ったので小さいサイズですが、実際は三尺×八尺なので、910㎜×2420㎜で一枚あたり15㎏程度とハンパなく重いです笑

なので、位置がズレたりしないように3人で作業しました。

最後の方は余裕が出てきて、ボンドでお絵かきをして遊んだりしました笑

after

いかがでしょうか。

3枚貼り合わせて、真っ白な壁となり、本当に広く感じるようになりました!

これであとは、換気扇を付けてキッチンを造作し置けば、完成です!!

白は、清潔な感じがするし視覚効果で広く感じるので良いですね〜。

ちなみに、余ったキッチンパネルは、私が常駐するブースの壁と男性用小便器を新設する壁に貼りました。

まずは石膏ボードを貼り付け、その上にキッチンパネルです。


写真横の面にも貼り付けました。

そしてこちらが、小便器設置部分です。

before

after

ちょっとわかりにくいですが、キッチンパネルを貼った目の前に小便器を設置します。

万が一はねたとしても、撥水効果があるので、壁に染み込みません。

そういった細かい部分にまで気を配っています。

当ゲストハウス「ぷれぜんと」は、ゲストが快適に過ごせるように、設計しリノベーションしています。

これからも、どんどんブログをアップし、進捗をお伝えしていきますので、よろしくお願いします!

今後に乞うご期待ください!!

シャワーブース完成の巻〜

久しぶりのブログ更新です。

最近は、ほぼセルフリノベーションに移行したため、毎日頑張ってます笑

シャワーブースは業者さんに頼んで作っていただきました!
元々納戸だった場所にシャワーブースと洗面所を作ります。

縦にのびてる管が給水管で、赤いホースのようなのが給湯管です。

業者さんが給水管・給湯管にフレキ管を接続しています。

ちなみに、隣のアラウーノは新設するトイレの便器です笑

と思ったら、壁を立ち上げ、中の水栓を取り付け扉を取り付けて、ほぼ完成。
ものの1時間くらいでしょうか。
あとはシリコンコーキングが固まって、排水管と上の換気扇を取り付ければ完成です。

当ゲストハウス「ぷれぜんと」は、ゲストが快適に過ごせるように、設計しリノベーションしています。

これからも、どんどんブログをアップし、進捗をお伝えしていきますので、よろしくお願いします!

今後に乞うご期待ください!!

二段ベッドを自分達で作るの巻〜パートII

先日、クッションフロアを敷いた二部屋に二段ベッドを作りました!

まずは木材を部屋へ搬入します。

今回は二段ベッド四つ分なので、前回の倍近くの量で半端ないです。


前回は杉のみでしたが、今回は杉と檜です。

檜は香りが良いですね。

緻密に計算し作る必要があるので、ミリ単位で計測しカットしていきます。

カットしたら、まずは土台を作っていきます。

今回もネジとボルトのみで作製しています。

そして、土台同士へ橋を渡すように、ベッドを敷く部分に木を打ちつけていきます。

これで土台が固定されました。

次に二段目のベッドを作っていきます。

二段目を作製し、目隠しとしてであり、揺れをなくすための合板を貼っていきます。

そして、ほぼ完成したのが、以下の写真ですー!

いかがでしょうか。

あとは最後の仕上げとして、はしご・階段を付ければ完成です。

今回は友人にも手伝ってもらい、三日間かけて作製しました。
構造としては、小さな家なので、頑丈で全く揺れません。
柱の本数や間隔、床材のピッチを考えれば、一般の住宅より頑丈かも!?笑
ということで、ゲストが安心してお休みになれる二段ベッドが全て完成しました。

コンセプトであったキシキシならない頑丈なベッドでゲストの方が寝られる日も近いと思いますので、今後ともぜひよろしくお願いします。

余談ですが、檜の角材が余ってますので、もし檜風呂にして檜の香りで癒されたいなぁ〜という方がいれば、差し上げます。

当ゲストハウス「ぷれぜんと」は、ゲストが快適に過ごせるように、設計しリノベーションしています。
これからも、どんどんブログをアップし、進捗をお伝えしていきますので、よろしくお願いします!

今後に乞うご期待ください!!

保健所へ旅館業許可申請するの巻〜

またまた日が空いてしまいましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

東京は連日の真夏日で、まだエアコンのないゲストハウスは汗だくになり干からびそうです笑
少し前の話になりますが、ついに保健所へ旅館業の許可申請に行ってまいりました〜!

申請に、そろそろ行かなくてはそろそろ行かなくては…と思っていたところに、保健所から電話があり、以前にご相談いただいた件どうなりましたか。と。

おぉー、そんな風に気に留めていてくれたとは、感謝感激〜と思ったので、改めて相談に行き、その後申請して来ました〜!!

今の臨時国会で、旅館業法の改正案が提出されており、順調に法案が通れば、今年か遅くとも来年初旬には施行されそうとの事で、色々とアドバイスをいただきながら申請してきました。
杉並区の申請用紙は1ページ目だけですが、こんな感じです。


他の市区町村のを見たことがないのでわかりませんが、シンプルな感じです。
そして、用紙を記入し、杉並保健所へ〜。


無事申請をしてきました。
まだ工事が終わっていないので、それまでに諸々の手続きを完了してもらえるとの事で早めの申請になりました。

なので、これで工事が完了したら即検査をし、速やかに許可の流れになりそうです。

ただ、検査から許可までの時間がわからないので、やはりまだオープン日は決められずです。

当ゲストハウス「ぷれぜんと」は、ゲストが快適に過ごせるように、設計しリノベーションしています。

これからも、どんどんブログをアップし、進捗をお伝えしていきますので、よろしくお願いします!

今後に乞うご期待ください!!

客室の畳を床にリノベーションするの巻〜続編〜

だいぶ前になりますが、畳を床にリノベーションするということで、合板を貼るところまで、ブログを書きました。

その記事はこちらへ

客室の畳を床にリノベーションするの巻〜

その続きをお届けします。

クッションフロアを貼る前に、下準備として、合板と合板の間のすき間を埋めるために、モルタルを塗っていきます。

その後、クッションフロアを貼っていきます。

クッションフロアは、切り貼りしていくものなので、フローリングやフロアタイルに比べると、意外と簡単なようです。

持ち家で、リノベーションしたいということであれば、自分でも簡単に出来そうですので、オススメです。

出来上がりが、次の写真です。

いかがでしょうか。

ゲストが落ち着けるようにということで、濃いめの茶色を選択しました。

漆喰の白壁と濃いめの茶色が相まって、以前よりも広く感じるし、だいぶ落ち着いた印象を受けます。

次はこの客室にベッドを作製していきたいと思います。

当ゲストハウス「ぷれぜんと」は、ゲストが快適に過ごせるように、設計しリノベーションしています。

これからも、どんどんブログをアップし、進捗をお伝えしていきますので、よろしくお願いします!

今後に乞うご期待ください!!