セルフリノベーションで漆喰を塗るの巻〜

半月ぶりの反動により連日の投稿になりますー。

最後に告知がありますので、最後までご覧ください。

今までは、工事業者の方が進める状況をお伝えしておりましたが、ついに自ら動く時がきました!

前半の最大の山場とも言える、漆喰塗りです!

漆喰塗りは、下準備8割・塗り2割と言われるほど、下準備が大事です。

その下準備が、養生です!

養生テープとマスキングテープを丁寧に貼っていきます。(以下写真参照)


養生テープ貼りは、夜も続きます。3枚目の写真に横たわってる袋が漆喰の粉です。20kgと非常に重いです。

そしていよいよ、漆喰塗りの当日がやってきました。
before


私自ら、率先して漆喰を塗る準備をします。

漆喰は、強アルカリ性なので、皮膚に付くと、かさかさになり、まるでおじいちゃんになったみたいになるので、服装にも細心の注意が必要です。

周りの人からは、原発の作業員の格好みたいだと揶揄されました笑

おじいちゃんにならないために、完全防備が大事です。

20kgの漆喰の粉に約20ℓの水を投入し、撹拌していきます。

写真を撮りながら思ったのは、パン屋さんの小麦粉を混ぜてる映像ってこんな感じだよなぁ〜って事ですかね。

もちろん漆喰は食べられません笑

ダマが残らないように、しっかりと撹拌することが大事です。

その後、塗っていきます。

私は初めて漆喰を塗ったので、最初は要領を得ず大変でしたが、だんだんと楽しくなってきます。それでもまだ笑顔はありません。


何度か漆喰塗りを経験している方だと、こんな風に楽しそうに塗ることが出来ます!

鼻歌交じりで笑いながら塗ってます。(鼻歌が伝わらないのが残念!)

after


客室2 after

塗る様子を動画でも撮ったのですが、それは後日アップしたいと思いますので、それまでしばしお待ちを。

先週の金曜、今週の月曜で客室二部屋を終わらせました。

腕と腰が筋肉痛になりましたが、だんだんと上達していくのが目に見えてわかるので、正直楽しいです!
【告知】

ここからが告知です。

6月10日(土曜)に共有スペース&廊下の漆喰塗りをします。

未経験者大歓迎ですので、お気軽にお声掛けください。コメント欄等にお書きいただければと思います。

短時間でもかまいませんので、よろしくお願いします!

以上です。
当ゲストハウス「ぷれぜんと」は、ゲストが快適に過ごせるように、設計しリノベーションしています。

これからも、どんどんブログをアップし、進捗をお伝えしていきますので、よろしくお願いします!

今後に乞うご期待ください!!

客室の畳を床にリノベーションするの巻〜

元々は、畳の和室だった部屋をクッションフロアにリノベーションし、洋室に変えていきます。
before

after1

after2

まずは畳を撤去し、遮音シートを敷き、根太を配置していく作業です。

高低差や幅等、緻密な計算が必要なので、色んな機材を使って作業していきます。

次に、天井裏同様、断熱材(グラスウール)を敷き詰めていきます。

その後合板を貼って、最後にクッションフロアを貼っていきます。(クッションフロアは最後なので、写真では合板を貼るところまでです)
after3

客室が二階のため、歩くと下の階に音が響いてましたが、ここまでの時点で、階下への音がだいぶ軽減されたように感じます。

最終的に、この上にクッションフロアを敷けば、快適に過ごせそうな予感がします!

その上に二段ベッドを配置すれば、部屋の完成です。
当ゲストハウス「ぷれぜんと」は、ゲストが快適に過ごせるように、設計しリノベーションしています。

二階を客室、一階を共有スペースとすることで、より快適に過ごせるよう空間をわけるようにしています。

それでは、これからもブログをアップしていきますので、よろしくお願いします!

壁・天井へ石膏ボードを貼るの巻〜

だいぶブログの間隔が空いてしまって、読者の方々より、次のブログはまだかまだかとコメントが入ってるとか入ってないとか!?笑

というわけで、約半月ぶりのブログです。
窓も交換し防音性も上がったので、続いては壁立ち上げや天井への石膏ボード貼りです。

じゃーん!というわけで、たくさんの石膏ボードが平積み&立てかけられてます。(以下写真参照)

ちなみに、壁や天井には通常の石膏ボードを、水回りには耐水性の石膏ボードを貼っていきます。


1階の天井には、断熱材(グラスウール)を入れて、それに蓋をするように石膏ボードを貼っていきます。

断熱材を入れることによって、夏は涼しく冬は暖かくなります。

また少なからず防音性も上がるので、今までこの建物には入ってなかったので、随分と快適になりそうです。
before

after


石膏ボードが貼られることによって、だいぶ部屋が狭く感じるようになりましたが、工事が進んでるなーという実感も伴ってきました。

当ゲストハウス「ぷれぜんと」は、ゲストが快適に過ごせるように、設計しリノベーションしています。

これからも、どんどんブログをアップし、進捗をお伝えしていきますので、よろしくお願いします!

今後に乞うご期待ください!!

快適な窓サッシへ交換の巻〜

建築基準法の関係で、木製の窓枠&通常のガラス窓はNGなので、窓も交換〜。まずは、もともとあった木製の窓枠を外して、新たに防火窓を設置!
before


after



まだ完全に窓が完成はしていないけれども、木製の頃のようにすきま風が入ってくることがなくなるのと、ペアガラスになったので、気温も安定するし、音もだいぶ軽減された感がある!

before


after


築60年の木造住宅なので、木製の味が醸し出せないのは残念だけれども、法律の遵守、ゲストの安全と快適さを考えて、良い選択だったのではないかなぁと感じている。

それにしても、窓一つで、快適性は大幅にアップするんだなということを実感!

当ゲストハウス「ぷれぜんと」では、共有スペース部分に関しても、防音・騒音対策をしっかりと行なっていますので、ご安心ください〜。

本格的にリノベーション開始〜!

解体作業が終わり、まずは壁・天井の骨を組む作業。昔は木材だけれども、最近は軽くて強度のあるアルミで組むそう。

この段々と組まれていく感じが、少しずつ完成に近づいてるなぁ〜と思わせてくれる。

そして、天井が吹き抜けになってると、部屋が本当に広く感じることを実感。

骨が組まれただけで、なんとなく少し狭く感じる笑

当ゲストハウス「ぷれぜんと」は、共有スペースがそれほど広いわけではないので、色々と工夫を凝らし、広く感じるように画策中〜。こうご期待ください!

リノベーション(解体作業)開始!

ちょっとだけ前の話になりますが…約一ヶ月半におよぶ熟慮の結果、工事依頼先も決まり、ついにリノベーション工事がスタートしました!

まずは解体作業…ガンガン壊していく作業なので、職人さんもストレス発散をしてる感じでした笑

before(客室1)


after

before(客室2)


after

before(ロビー)


after

before(共有スペース)


after

工事が始まるまでは、なんとなくぼわーっとしたイメージだったものが、解体作業が進んでいくのを見て、段々とゲストハウスが完成していくイメージがつかめてきました!

みなさんにも、実況生中継ばりに工事の状況をお伝えできればと思ってますので、よろしくお願いします!!

ゲストハウス開業プロジェクト始動!

はじめまして!

ゲストハウス『ぷれぜんと』のオーナー…オーナーって響きは好きだけど、何か偉そうな感じがしてどうなんだろう〜笑

松波慎悟と申します。

当ゲストハウスは、東京都杉並区の住宅街にあり、京王井の頭線永福町駅から徒歩2分。
渋谷から急行で9分、新宿からも12分程度で、東京23区の西部に位置しています。

今はまだ内装の工事中(リノベーション中)なので、段々と完成していく過程も含めて、こちらのブログでお届け出来たらなぁ〜と思ってます。
また、自分達(セルフリノベーション!)で漆喰塗りやベッド作製等を行なう予定なので、興味のある方はぜひぜひご協力ください!

それでは、つらつらと綴っていきますので、これからもどうぞよろしくお願いします♪